二俣川こどもクリニック

  • 〒241-0821 横浜市旭区二俣川2-50-14コプレ二俣川7階

インフルエンザ予診票ダウンロードはこちら

二俣川こどもクリニック

MENU

順番予約・順番予約・乳児検診予約はこちら

二俣川こどもクリニック 北口院はこちら

クリニック情報

今年の花粉症

年が明けてからはインフルエンザA型・B型、コロナ、胃腸炎など様々な感染症が流行
しております。そのような中で、先週には気象庁から花粉の飛散開始が告知されました。
先日の雪でまだ寒いですが、来週からは春の暖かさが予想されています。それに合わせて
一気に花粉が飛ぶことが予想されます。今年の花粉飛散量は、過去10年で最大と言われた
昨年に比べると少ないですが、関東は例年並みかそれ以上と言われています。

スギ花粉の飛散ピークは2月下旬から3月下旬、ヒノキのピークは3月下旬から4月下旬頃に
なります。ヒノキにも反応する方はGW明け頃まで症状が続くので注意が必要です。

初期療法と言って、花粉の飛散が本格化する今から治療をしっかりと行うことで症状の
発症を遅らせることができ、症状のピークも半分以下の4割程度に抑えられると言われて
います。現在は副作用も少なく(眠気や口喝もなく勉強や運動のパフォーマンスが落ちない)、
効果の高い治療法が多くあります。コンタクトをしたまま使用できるアレルギー点眼薬も
あります。花粉で皮膚炎を起こしてかぶれてしまうこともあります。花粉症が気になる方は
どうぞいつでも気軽にご相談下さい!

また、最大の治療は「花粉に触れないこと、体内に入れないこと」です。
この季節は洗濯物や布団は外に干すことは控え(いくら掃ったとしても花粉を大量に
家内に持ち込むことになりますし、薬物治療をしても症状を抑えきれません)、
花粉のつきにくい洋服や帽子、マスク・眼鏡の着用、家に入る前には花粉を払い、
すぐに顔を洗うだけでも効果的です。気になる方は早めの相談をお勧めします。

尚、現在は内服薬の舌下免疫療法と言ってスギ花粉症を根治する治療法もあります。
1日1回 花粉のエキスのようなラムネ状のものを舌下に1分間保持して飲み込むだけです。
翌シーズンから効果が望めます(保険適応です。大人はもちろん、こどもも5歳くらい
から可能です)。3年~5年程度継続することが望ましいです。
治療開始時期は花粉が収束する5~6月頃から12月頃のオフシーズン間となりますが、
興味のある方はご相談下さい。
(日本ではスギとダニの2種類があります。ダニはいつでも治療開始できます)